顎関節症 構造

顎関節の構造を理解していますか?

 

顎関節は左右に一箇所ずつあり、頭の骨のくぼみに下顎の骨が突き出た部分がはまり込む構造になっています。

 

あごを動かしたときに動く両耳の前のところが顎関節です。

 

頭の骨と下顎の骨(下顎頭・かがくとう)が組み合わさる顎関節には、骨どおしが直接こすれあわないように、関節円板と呼ばれるクッションの役目をはたす組織があります。


関節円板はコラーゲンでできており、その形状は野球帽のつばを狭くしたような帯状で、その端が下顎頭(かがくとう)の内と外に連結されていますが、前後にはあまり強く連結はされていません。

 

そして、あごの動きに合せて下顎頭の内と外の連結部を軸として前後に回転して下顎頭の先と一緒に動き、口の開閉時の圧力を吸収してスムーズに動けるようにしています。

 

その構造は前後の連結がゆるやかで前後に動きやすく、関節円板の後部組織が伸びやすく、関節円板が前方にズレたままになると口を開け閉めする時にカクカクと音がしたり、口が開けずらくなる症状がでます。

 

関節組織には関節包と呼ばれる繊維性の膜で覆われており、関節包の内面には滑膜から滑液が分泌されています。

 

そして、潤滑油の働きをするとともに関節円板や骨の表面に栄養を運ぶ役割も担っています。

 

関節包の外側には外側靭帯があって上下の骨を繋いでいます。

 

あごを動かす筋肉としては、

  • 開口筋
  • 閉口筋(咀嚼筋)
  • 頸筋

があります。

 

それぞれの次のような働きがあります。

 

 

 

開口筋

口を開けるために使う筋肉。
首の前(顎の下)にある前頸筋(舌骨上筋・舌骨下筋・胸鎖乳突筋)

 

閉口筋(咀嚼筋)

食べ物を咀嚼するために使う筋肉。
咬筋・側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋

 

頸筋(けいきん)

食べ物を食いちぎったり、しっかりととらえるために使う筋肉。
前頸筋(舌骨上筋・舌骨下筋・胸鎖乳突筋)
後頸筋(僧帽筋など)

 

あごはどのように動くか・・・

 

顎関節は主に次のような動きをします。

口を開ける

口を開けるときには、下顎頭が回転し、下顎窩から外れて前に出ます。
この時、関節円板も下顎頭の上に乗り、一緒に前に移動します。
下顎頭が下顎窩から外れて前に移動することで口を大きく開けることができます。

 

口を閉める

下顎頭が後ろに移動して、下顎窩の中におさまります。
この時、関節円板も一緒に後ろに移動して元の位置に戻ります。

 

食べ物を咀嚼(そしゃく)する

下顎を左右に動かさなければならず、左右のどちらか一方だけの下顎頭が前に滑り出します。これを繰り返して食べ物を咀嚼します。

咀嚼(そしゃく)とは、摂取した食物を歯で咬み、粉砕すること。
これにより消化を助け、栄養をとることができる。噛むなどとも表現される。
また、「食物の咀嚼」とは別に「物事や言葉の意味をよく整理して理解すること」という意味で使われるケースが多い。

 

咀嚼は単に食物を粉砕し、嚥下(えんげ)しやすくするのみでなく、口腔内を刺激することにより各臓器の消化液の分泌を促進し、口腔内の自浄を行い、また、食物と共に口腔内に進入した異物の除去などの役割がある。また、脳内の血液量の増加、覚醒効果やリラックス効果、噛むことは歯を丈夫にするだけでなく、肥満、ぼけ、視力低下、姿勢悪化、虫歯、ガンなどを予防し、内臓の働きを助け、大脳の働きを活発にし、精神を安定させ、ダイエット効果もある。 何より食事を美味しく食べられるなど効果は計り知れない。 そしてよく噛むことで顎の筋肉を使うため、顎が引き締まり顔がすっきりするとも言われる。
ただし、異常な圧力や不正咬合の状態で咀嚼することによって歯周病や咬耗症、顎関節症となることもしばしばある。
                                                        wikipediaより抜粋

 

顎関節症の症状は?

 

 

 

 

 

 

常住誠一 2ちゃんねる常住誠一 内容


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法