顎関節症 治療

病院での顎関節症の治療方法

病院での顎関節症の治療は、原因を解消する治療と痛みなどの症状を緩和する治療を必要に応じて組み合わせておこなわれます。

 

顎関節症の治療法としては、次の治療法があげられます。

 

 

 

認知行動療法

顎関節症の原因となる癖や悪習慣をおこなう背景を調査し、本人に自覚させて、それらを取り除きます。

 

物理療法

痛みを軽減させるために患部を温めたり、冷やしたりします。

 

運動療法

口を開いたり閉じたりや顎を動かす訓練をして口が開きやすいように訓練します。

 

スプリント療法

スプリントと呼ばれる歯列を覆う器具を装着して顎関節や筋肉への負担を軽減して、顎関節症の原因となる歯ぎしりや食いしばりの症状を緩和します。

 

薬物療法

痛みが強い場合や筋肉が痛みで固まっている場合に、薬で炎症を鎮めたり、筋肉弛緩剤を使用したりしてその症状を緩和させます。
夜間の歯ぎしりや食いしばりが酷い場合には、入眠剤や抗不安財、抗うつ薬などを使用する場合もあります。

 

外科療法

他の治療で症状が改善されない場合には、外科療法がおこなわれる場合があります。

 

外科療法としては「関節腔内洗浄療法」、「関節鏡手術」などがあります。
関節腔内洗浄療法は関節内に強い炎症がある場合に針をさして関節内部の物質を洗い流す療法で、関節鏡手術は関節内で関節円板と骨の癒着がある場合にそれをはがすためにおこなわれる療法です。

 

これらの他にも、咬合治療なども必要に応じておこなわれます。
顎関節症と噛みあわせの関係はまだはっきりと解明されていませんが、噛みあわせの異常が原因となっていて、それを取り除いてやることで症状の改善が見込まれる場合には咬合治療もおこなわれます。

 

治療の初期段階では、ごく簡単な噛みあわせ治療を行い、治療の最後には最終的な噛みあわせの治療を行います。

 

顎関節症は生活習慣病的な要素が大きいため、患者が自分で行うセルフケアがとても大切になります。

 

顎関節症を引き起こしている原因となる歯ぎしりや偏咀嚼などの悪い習慣や癖を解消し、根本から改善していきましょう。

 

エゴスキューの治療方法とは?

 


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法