顎関節症 タイプ

顎関節症の症状は4タイプあります

顎関節症にはその障害がある部分によって、次の4つのタイプに分けられます。

  1. 筋肉の障害により起こるタイプ(T型)
  2. 関節包・靱帯の障害により起こるタイプ(U型)
  3. 関節円板の障害により起こるタイプ(V型)
  4. 変形性関節症により起こるタイプ(W型)

それぞれのタイプについて詳しくご説明していきたいと思います。

 

筋肉の障害により起こるタイプ(T型)

筋肉が何らかの原因で緊張して硬くなることにより血液の循環が悪くなり痛みを生じさせます。

 

このタイプのものは、咬筋・ 側頭筋 ・ 内側翼突筋 ・外側翼突筋からなる咀嚼筋を中心に痛むことから頬やこめかみのあたりが鈍く痛み、部位を特定しにくく、頭部や首、肩などの離れたところに関連痛が起こるという特徴があります。

 

また、強く押すと痛むトリガーポイントと呼ばれるコリコリしたしこりができることもあります。

関節包・靱帯の障害により起こるタイプ(U型)

顎関節の関節包や靭帯などの繊維組織に力が加わり捻挫を起こしたような痛みを生じます。

 

また、関節包炎や滑膜炎などを起こしてあごを動かすと顎関節部が痛んだりします。

関節円板の障害により起こるタイプ(V型)

関節円板が本来の位置から前にずれたままになる状態で「関節円板前方転位」といいます。
その症状としてはカクカク音がしたり、もっと酷くなると口が大きく開かなくなったりします。

 

カクカク音がするのは、口を閉じた時に本来下顎窩の中にあるべき関節円板が、下顎窩の前にズレて出てしまい、口を開けようとすると回転して前にすべり出してきた下顎頭が関節円板の下にもぐり込んでしまい、カクンと音がでます。
口を閉じる時も下顎頭から関節円板が外れるときに同様の音がでます。
口が大きく開かなくなるのは、下顎頭が関節円板の下にもぐり込めなくなり関節円板を上に乗せられなくなるためです。
このようになると関節円板が邪魔となり下顎頭が下顎窩の前に出られなくなり、口が大きく開けられなくなります。

変形性関節症により起こるタイプ(W型)

顎関節に繰り返し強い負荷がかけられたりなどすることが長期間続くと、下顎頭の表面が吸収されて、その回りに新しい骨がつくられることがあり、口を開けしめすると、ゴリゴリやジャリジャリといった音がして滑膜炎などの炎症を伴い顎関節が痛む場合があります。

 

骨の変形は必ずしも異常な変化ではなく、必ず炎症をもたらすのもでもありません。
骨が変形しても無症状の場合もあります。
また、ある程度進むと止まる場合も多いです。

 

 

顎関節症のタイプは大きくこの4つのタイプに分けられますが、実際は1つのタイプと判定できるものではなく、複数のタイプにまたがっていることが多いようです。

 

現役医師も推薦するエゴスキューメソッドとは?

 

 

 

 

 

がん 予防


HOME エゴズキュー 顎関節症解消法 自宅で経絡ヨガ I.E.S顎関節症改善法